ブルーピリオド アニメ感想

アニメ

この記事はブルーピリオド 感想(アニメ)になります。

こんにちは。今日は、筆者が楽しんだアニメの一つ、『ブルーピリオド』についてお話しします。

ちなみに、筆者がこれまで見てきたアニメで最も好きなアニメが以下の記事で紹介しています。よければそちらもどうぞ。

神アニメランキング 10

『ブルーピリオド』は、美術というテーマを軸に展開する青春物語です。主人公の矢口八虎が美術の世界に足を踏み入れることで人生が大きく変わる様子が描かれています。

このアニメは、ただの学園ものではありません。矢口が直面する美術の難しさ、そしてそれを通じて得る自己理解と成長のプロセスは、私たち自身の挑戦や夢に向かう姿勢をも反映しています。今回の記事では、この作品が筆者にどのような影響を与えたかを書かせていただきます。そして『ブルーピリオド』作品を自分なりの視点で語りたいと思います。

美術という独特の世界観を背景に、矢口と彼を取り巻くキャラクターたちが織りなすドラマは、見る者の心に深い印象を残します。では、『ブルーピリオド』の世界に一緒に浸ってみましょう。

この記事はネタバレを含みますので、ネタバレしたくない方はブラウザバック推奨です。

ブルーピリオドとは

原作:山口つばさ

出版社:講談社

掲載誌:アフタヌーン(連載中)

ジャンル:青春、アート

ブルーピリオドアニメ公式サイト

ブルーピリオド 感想:あらすじ

アニメ『ブルーピリオド』は、芸術を中心に据えた物語です。このアニメは、東京の普通の高校生である主人公・矢口八虎が中心人物です。矢口は成績優秀で人気もあるが、何か物足りなさを感じていました。ある日、美術部の活動を見て感銘を受け、絵画の世界に魅了されます。彼はこれまでの人生とは異なる道、つまり美術の道を歩む決意をします。

矢口は東京芸術大学への入学を目指し、美術に関する基礎から学び始めます。彼は才能がないと感じながらも、努力と情熱を持って挑戦を続けます。この物語は、矢口が芸術家として成長していく過程を描いています。そして美術を通じて自己発見と成長を経験する姿が描かれています。

『ブルーピリオド』は、芸術への情熱、若者の成長と自己発見、そして夢を追うことの美しさと困難さを描いた作品です。

ブルーピリオド 感想:好きな台詞

あなたが青く見えるなら、りんごもうさぎの身体も青くていいんだよ

第1話「絵を描く喜びに目覚めてみた」森まるの台詞

この台詞が凄く好きです。この言葉には自分の感性を信じてもいいんだと言うことを教えてくれます。当たり前だけど、しかし、簡単にはできないことを伝えてくれています。

森まるさんのは先生の受け入りですが、受け入りの言葉を必要なタイミングで使うのは難しいことです。このときの矢口は、渋谷の朝の光景が青く見えるのは自分だけではないはずと思い、先輩に聞いていました。

先輩は渋谷にはあまり行っていないが、代わりに矢口に上記の台詞を送っていました。その台詞を聞いた矢口は嬉しそうに頬を紅く染めていました。

このシーンだけでもかなり美しいストーリーですよね。ここから、矢口の芸術への道が始まったのですから。

個人的に最高の滑り出しだと思います。

ブルーピリオド 感想:好きなシーン

第2話「全然焼けてねぇ」で主人公が母親の絵を描いて、美大に行かせてくださいというシーンは感動しました。

普段通りに生活しているだけでは気づけない母の偉大さがわかるのは良いことです。そしてその気づきを得られたのが絵を描くことで、たくさん母親を観察したからです。

母親の絵を描く工程から母がどれだけ大変だったかを自分の言葉でかみ砕きます。そして、紳士にお願いするシーンは矢口の覚悟が伝わってきます。

筆者はこのシーンで少し泣いてしまいました。

ブルーピリオド 感想:終わりに

『ブルーピリオド』を見終わって、筆者は多くのことを考えさせられました。このアニメは単に美術をテーマにした作品ではなく、夢を追う若者の心の葛藤、挫折、そして成長の物語です。矢口八虎という一人の青年が、自分自身と向き合いながら、自分の情熱に従って進む姿は、私たちにとっても大きな刺激となります。

このアニメを通して、私たちは自分自身の人生における「青い期間」、つまり情熱を燃やし、自己発見をする時期を思い出したり、または今直面しているかもしれません。『ブルーピリオド』は、そうした瞬間を大切にし、自分の内なる声に耳を傾けることの大切さを教えてくれます。

最後に、『ブルーピリオド』は単なるアニメという枠を超えて、芸術、若さ、そして人生の多様性について私たちに考えさせる作品です。それぞれのキャラクターが持つ個性や、彼らが直面する挑戦は、視聴者にとっても共感や啓発をもたらします。もしまだこの素晴らしい作品を体験していない方がいれば、是非一度ご覧になることをお勧めします。

それでは、この記事を締めくくります。『ブルーピリオド』の世界に触れ、自分自身の「青い期間」を再発見する旅に出てみてはいかがでしょうか。読んでいただき、ありがとうございました。

おまけ

鮎川龍二を演じている花守ゆみりさんの声が好きです。あのミステリアスな声の感じが最高です。

『ブルーピリオド』の鮎川龍二の声を聞いていたら、ミステリアスなキャラとはほど遠いゆるきゃん△のなでしこちゃんと同じ声とは全く思えないので、声優は本当に凄いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました